忍者ブログ
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24時間以内に鉤辻組に3人参戦とかなんだこのフィーバー……!?
しかしアプリコットさんですら娘でなく息子が来ちゃう鉤辻組素敵すぎるwww

以下暇溢れる妄想を書き綴ってみた!
読んだら時間の無駄になります。注意!

■問題点
・なぜか擬音まみれ
・文体がおかしい
・マキちゃんの口調が意外と分からない
・というか何かが混線してマキちゃんがおかしくなる
・すごくごめんなさい

■あらすじ
醍吾さんとマリーちゃんの結婚式の数日後(新婚旅行中)。
なんだか杏ちゃんがベタ過ぎる手紙を部屋に残して失踪しました。
組から足抜けする気か!追え!ひっとらえろ!……なんて鉤辻組じゃあなるはずもなく、
なんか微妙に心配だから見て来い、と言われてマキちゃんが追撃に行きました。
居場所(なんか適当に転がり込んだ安下宿)の情報は情報屋さんから買ったよ。 

そこ(→)のベタな文章からどうぞです!




「旅にでます さがさないでください」



ぴんぽーん。

ぴんぽーんぴんぽーんぴんぽーん!

安下宿の廊下に、レトロなチャイム音が鳴り響く。

「杏ー? 生きてるー?」

へんじがない ただのしかばねのようだ。
……いや、杏理が失踪して2週間。本気で屍になってるかも。
マキはすっと息を吸い込み。

「はっ!!」

ズン、と音がしそうな勢いで、マキの拳がドアノブをノックアウトした。
これで開くはず、とガチャガチャ哀れなドアノブを回す。
しかし、ぴきょっぱきょっ、と奇妙な音を立てて、それでも健気なドアノブは部屋の施錠を死守していた。

手加減したのが悪かったか。
カギだけ壊そうなんて甘い考えは捨て、

「っはあ!」

全力でドアを蹴飛ばした。
安普請の扉がギャグマンガめいた勢いで吹っ飛ぶ。
マキ様に逆らったものの末路だ。

「初めから素直に開けばいいのに……って何よこの匂い、臭っ!!」

なんとも表現し辛い異臭がもよもよと漂った。
それが流れてくるほうへ視線をやる。
カップラーメンやコンビニ弁当のカラとおぼしきものが、こんもりと積み上げられていた。

「ちょっと杏! ゴミくらい出しなさいよ! ゴミ袋どこ!?
 ……杏? いるんでしょ!?」

顔を顰めて酒瓶やポテトチップの袋やペットボトルを踏み分け、
さして広くも無い2DKの奥へ踏み込んでいく。

むにょっと嫌な感触が、足の裏に、した。

「っ!? ……杏、の、死体!!」
「……生きてるもーん……」
「ゾンビね!!」
「まぁ、間違ってもないかなー……アタシは生ける死体いえーい……うふふふふ」

艶やかな着物なにそれ、と言わんばかりにジャージ姿のダメ人間が転がっていた。
もう切れよそれ、と言いたくなるような感じに明るい色の髪が広がっている。
これで色が黒なら貞子決定だ。

「杏、酒臭い。どれだけ無駄遣いしたの」
「アタシのお給料だもーん……えへへー、マキちゃんも飲むぅ?」

へらへらと笑いながらチューハイの缶を持ち上げる。アプリコット味。ちなみに真っ昼間だ。

「安酒はいらない。っていうかとっとと帰ってきなさいよ、
 燕や四葉の料理だと食費がかさむんだから」
「……やだー帰りたくないのおおぉー……」
「いい年こいた大人がなに甘えてんの、駄目人間」
「だってええええ」

一瞬で涙でぼろぼろになった顔を上げられてマキはぎょっとした。
杏って泣き上戸だったっけ?

「もう醍吾ちゃんの顔なんて見たくもないわああぁ!!
 ばかー! 幸せになんなさいよおお! うわああああぁんん」

なんだこれ杏ってこんなキャラだった?
もうちょっと……もうちょっとマシじゃなかった?
元々特にいいものでもなかったし夢も見ていなかったが、マキの脳内杏理が崩れていく。

なお、どれだけ女に見えても聞こえても、25歳・男だ。
どうしようもない。

「へぐっ……若なんてもう知らないんだからぁ……えうぅ……
 うえぇぇ……へっく……若なんて大好きよおおおおおお」

そんなことシャウトされても困る。
扱いと反応に、困る。
やっぱりお前もかブルータス。ホモしかいないのか鉤辻組。
兄さんモテすぎ。男に。

とりあえず杏理の持ち帰りは断念して、マキはきびすを返した。
武士の情けで、ドアはドア穴に立てかけておいた。

 


「……という感じになってた」
「そうか……。坊の奴、女殺しになったもんだなぁ」
「杏理、男」
「……坊の奴、女のようなもの殺しになったもんだなぁ」

ゆっきー、それはバールのようなもの的表現なのか。
マキは言うかどうか少し迷って、止めた。バールについて語り合う羽目になりそうで面倒くさい。

「まぁ、当分放っといてやるのがいいだろう」
「早く戻ってきてもらわないと、食費がかさむんだけどなぁ……」

 


■醍吾さんとマリーちゃんがご夫婦になられた後の杏ちゃんはどんなのか考えた結果、こんなアホなことに。
切なさが絵になるみくみくとは根本的に違った。
以下とりあえず脳内で出てた案。

1.上のダメ人間のターン(杏ちゃんぐだぐだ説)
2.雨の街でふらふら車道に迷い出て車にはねられる。なおはねたのは小桜。(自己完結なぴく悪抹消許可)
3.なんか急に常時男杏ちゃんになる。オカマ? なにそれ?(男らしく生きるよ派)
4.男杏ちゃんになるもマリーちゃんに一晩諭されて気付いたらいつも通りだよ(心は乙女派)

どう考えても自分暇すぎる。

あとマキちゃん勝手に使ってJ○Dさんマジごめんなさい。本気で。土下座します。
 






■描きたいものメモ
・りこぴんとかさえ様とか雛芝っこ
・鉤辻ロリショタハーレム(中の人の欲望だだ漏れ)
・りある鬼ごっこ
・小桜でBNチャプター2

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[03/29 あおい]
[03/27 ミナギ]
[03/27 宵闇くろ]
[03/06 あおい]
[03/05 とらこ]
最新TB
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright (c)そこに物語はあるのかしら? All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]